休校措置をとる国数と影響を受ける就学者数(7/10現在)


110



就学者数

1,067,590,512



割合

61.0%


全国で休校措置をとっている国・地域の数、及びその影響を受ける幼小中高大学就学者の合計と割合
ソース: https://en.unesco.org/covid19/educationresponse 

ユネスコの推計によれば、現在上記の数の国々が、国全体での休校措置を取っています。その国数は減少傾向にありますが、依然として11億人近くの就学者が影響を受けています。


特設サイトの開設について
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの国で学校が閉鎖されています。今世界の学校教育の現状はどうなっているのでしょうか?国際社会はどのように対応しようとしているのでしょうか?
教育開発支援において国内トップクラスの実績を有するパデコが「世界の教育のいま」をお伝えします。

特設サイト開設によせて
田中 紳一郎
JICA国際協力専門員
元パデコ・シニア・コンサルタント 

海外コンサルタンツ協会(ECFA)の特設サイト紹介記事

ミャンマーの教育の今

教育の現状(7/10更新) 7月21日に高校、8月4日に中学校、8月中旬に小学校の授業を開始するとの日程が発表されました。教育省や学校関係者は開校にむけ、緊張感をもって感染予防策の準備を行っています。 パデコの取り組み(…

バングラデシュの教育の今

教育の現状(7/1更新) 3月16日に休校措置をとり、現在に至ります。今年は5月にラマダン(イスラム教の断食月)とイード(イスラム教の新年)があり、5月30日から6月6日までは夏休みの予定でしたが、休校措置が継続していま…

ラオスの教育の今

教育の現状(2020/6/23更新) 学校の状況(休業の状況) ラオスでは通常9月~5月が学校の年度となっています。COVID-19の影響によって3月19日から全国の公立・私立教育機関が一斉休校となっていましたが、ロック…

ミャンマーの教育の今

※この記事は更新されています。(最新情報はこちらから) 教育の現状(6/19更新) 7月21日に高校、8月4日に中学校、8月中旬に小学校の授業を開始するとの日程が発表されました。教育省や学校関係者は開校にむけ、緊張感をも…


この教育危機に我々はどう対処したらよいのか?
パデコ教育開発コンサルタントによる解説

新型コロナウイルスと「万人のための教育」(その1)
解説:北館尚子(シニア・コンサルタント)一橋大学卒業、ハーバード大学大学院修了。元UNESCO(国連教育科学文化機関)職員 新型コロナウイルス・パンデミックは世界の教育の状況を一変させ、前例の無い規模で学習の中断と混乱を…
ユネスコ·ユニセフ·世界銀行共催 「学校再開のためのウェビナー」第3回 「ウェルビーイング(心身ともに健康で幸福な状態)」 報告
解説:大橋悠紀(コンサルタント)京都府立大学卒、サセックス大学大学院修了 第2回目の内容に引き続き、今回は、標記ウェビナーの第3回目「ウェルビーイング(心身ともに健康で幸福な状態)」(6月15日開催)の内容をお伝えします…

コロナ時代を生きる子どもたち

世界の国々で子どもたちはどのように過ごし、どのように学んでいるのでしょうか?
パデコは各国の子どもたちに現在の様子をインタビューしました。


イベント情報


各国の現状

パデコが教育開発プロジェクトを実施している/してきた国の教育の現状とパデコの取り組みをご紹介します。


現地の報道

現地で報道・発表されている、新型コロナウイルスと教育についての記事(主に英字新聞)を一覧にまとめました。現在以下の国の情報が掲載されています。

  • バングラデシュ
  • カンボジア
  • [New]エジプト

援助機関の取り組み

新型コロナウイルスに対する、教育分野における主要な国際機関・援助機関の取り組みを厳選したリンク集です。現在以下の援助機関の情報が掲載されています。

  • Global Partnership for Education (GPE)
  • UNESCO(ユネスコ:国際連合教育科学文化機関 )
  • World Bank(世界銀行)
  • UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)
  • OECD(経済協力開発機構)
  • Asian Development Bank (ADB: アジア開発銀行)
  • [New] JICA(国際協力機構)
  • USAID(アメリカ合衆国国際開発庁)

JICA特設ページ

JICAが新型コロナウイルスへの教育開発プロジェクトでの対応事例についての特設ページを開設しました。
教育分野における対応


新型コロナウイルスと持続可能な開発目標(SDGs)

目標 4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

新型コロナウイルスの感染拡大により、SDG4の達成が危ぶまれています。多くの国が休校措置をとり、子どもたちは家庭学習を余儀なくされています。学習機会の差は増すばかりで、同時にSDG10(各国内及び各国間の不平等を是正)達成も懸念されています。また栄養改善に学校給食が重要な役割を担っていた地域では、SDG2(飢餓の撲滅と栄養改善の達成)への影響も憂慮されてます。

パデコは世界各国で実施してる教育開発プロジェクトへの支援を止めることなく、情報通信技術の活用をはじめ、これまでに世界各国で築いた人的ネットワークや、高い語学力を駆使し、教育格差の是正と学習環境の整備を進め、引き続きSDG4の達成に全力を尽くします。

各国でのパデコの取り組みはこちらを御覧ください。またパデコ全社的なSDGsへの取り組みは以下のサイトで紹介しています。

パデコのSDGsへの貢献

緊急アンケート調査(英語)ご協力のお願いについて 

パデコでは現在、世界の児童・生徒の休校中の家庭学習の状況について、緊急アンケート調査(英語)を実施中です。